タコ(胼胝)魚の目のケア フットケア

京都 山科区 ネイルサロンシャクティの柴田です。

タコが気になるとの事でご来店頂きました。

少し痛みもあるとこことでしたので魚の目もあるかもと思っておりました・・・・

やはりありました魚の目

タコ の中に

小さいものですが、数カ所。

魚の目

タコ

足の裏の一部に刺激が加わることから、角質層も特に分厚くなっています。この角質層が部分的に刺激を受けると、さらに守ろうとしてより分厚くなり、魚の目やタコになってしまいます。

悪質が歩く肥大し、さらなる摩擦などで悪化して皮膚に亀裂(ひびわれ)が生じ、出血したり強い痛みを伴うこともあります

魚の目 と タコ のでき方はほとんど同じですが、魚の目には 芯 があることが大きく異なります。

原因は様々多種ございますので、これだという特定は難しいように思いますが

合わない靴を履いたりすることは避けるのが賢明だともいます。

「足裏におはじきが付いていた感覚がなくなりました~」と

足取り軽く帰って行かれました。

特集記事
最新記事
アーカイブ